20110311

3月11日に東日本で起きた災害で多くの人が亡くなり多くの人が被災した。
そのひとりひとりに家族がいて、友人がいて、という当たり前の事実を想い本当に胸が痛む。

今僕にできることは、
自分の家族を守り、仕事やクライアントに真摯に向き合い、
自分の日常を生きること。
そして、経済活動を続けること。

それが、ほんの少しでも被災地の、日本の力になればと思う。