名古屋のオフィスの現場0308

1期工事の下地組がほぼ完了し全体像が現れてきた。
他のプロジェクト同様かなり設計者としてアノニマスなプロジェクトながら、仕上材とオフィス業務や理念などとの整合性に悩む。
ただの白い壁を選択するにも思想が必要だということをクライアントから学ぶ。