北野のTRATTORIA-0704

ランチ時の照明のセッティングと試食会。
シェフの青木さんが「こんなの作ってみました」とどんどん料理を運んでくれた。
なかでも豚肉の塩漬けが入ったカルボナーラ(生パスタ)と素焼きズッキーニと春菊のトマトドレッシングのサラダは秀逸だった。
なにを頂いても美味しく、しかもシェフの青木さんは「どうですか?こんな風にしたら良いのにとかありますか?」と謙虚かつ素直な方で、すごく良い。
パティシエの合内さんの人柄がにじみ出るようなやさしいドルチェもおいしく、OPENが本当に楽しみ。